ルイ・オーギュスト・ブランキとは?

ルイ・オーギュスト・ブランキ(”Louis Auguste Blanqui”、1805年2月1日 - 1881年1月1日)は、フランスの社会主義者、革命家。19世紀フランスにおけるほとんどの革命に参加し、のべ33年余りにわたって収監された。カルボナリ党員でもあり、多くの秘密結社や陰謀に関わった。兄が経済学者ブランキである。
武装した少数精鋭の秘密結社による権力の奪取と人民武装による独裁の必要を主張した
ブランキはフランソワ・ノエル・バブーフを尊敬しており、武装した少数精鋭の秘密結社による権力の奪取や人民武装による独裁といった彼の主張はバブーフから学んだものである。カール・マルクスは彼を革命的共産主義者として称揚している。彼の影響下にあったヴァイトリングは義人同盟(正義者同盟。後の共産主義者同盟 (1847年) 共産主義者同盟)のメンバーであり、共産主義者同盟の文書である共産党宣言で彼は例外にも批判されることは無かった。

ルイ・オーギュスト・ブランキの詳細

ルイ・オーギュスト・ブランキ人気商品

革命論集 革命論集
価格:¥ 3,568
オススメ度:
発売日:通常3~5週間以内に発送

ルイ・オーギュスト・ブランキの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵