ローザ・ルクセンブルクとは?

ローザ・ルクセンブルク(Rosa Luxemburg, ポーランド語名ルジャ・ルクセンブルク、Róża Luksemburg 1871年3月5日 - 1919年1月15日)は、ポーランドに生まれドイツで活動したマルクス主義の政治理論家、哲学者、革命家。
彼女はポーランド王国社会民主党の理論家であり、のちにドイツ社会民主党、ドイツ独立社会民主党(ドイツ社会民主党左派)に関わるようになった。
機関紙『:de:Die Rote Fahne Die Rote Fahne(赤旗)』を発刊し、革命組織スパルタクス団を母体としてドイツ共産党を創設、1919年1月にはベルリンでドイツ革命に続いて武装蜂起を指導するが、国防軍の残党やフライコール(義勇軍、:de:Freicorps Freicorps)との衝突の中で数百人の仲間とともに逮捕、虐殺される。その死以後、多くのマルクス主義 マルクス主義者や社会主義 社会主義者のあいだでは、同じく虐殺された盟友のカール・リープクネヒトとともに革命の象徴的存在とされている。

ローザ・ルクセンブルクの詳細

ローザ・ルクセンブルクの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵