エリック・ホッファーとは?

エリック・ホッファー(Eric Hoffer, 1902年7月25日 - 1983年5月20日)は、アメリカ合衆国 アメリカの独学の社会哲学者。ドイツ系移民の子としてニューヨーク、ブロンクスに生まれる。7歳にして失明し、その後15歳で奇跡的に視力を回復したが、生涯孤独を貫き、学校にも行かず渡りの日雇い労働者としてただ働き、時間ができると読書に没頭して思索を深めた。綿花摘みから、鉱夫、ウェイターなどありとあらゆる仕事を体験。1941年から、サンフランシスコで沖仲士として働いたことから、「沖仲士の哲学者」とも呼ばれる。1970年代、ベトナム兵役拒否やヒッピー、マリファナと学生運動の時代に、ある種の知的カリスマとして高い知名度をもっていた。TVの対談番組などにもゲスト出演している。

エリック・ホッファーの詳細

エリック・ホッファー人気商品

エリック・ホッファー自伝―構想された真実

エリック・ホッファー自伝―構想された真実

価格:¥ 2,310
オススメ度:
通常2~3日以内に発送

大衆運動

大衆運動

価格:¥ 2,100
オススメ度:
通常24時間以内に発送

波止場日記―労働と思索

波止場日記―労働と思索

価格:¥ 2,940
オススメ度:
通常24時間以内に発送


エリック・ホッファーの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵