シモーヌ・ヴェイユとは?

シモーヌ・ヴェイユ(Simone Weil, 1909年2月3日 パリ、フランス - 1943年8月24日 ロンドン、イギリス)は、フランスの哲学者である。父はユダヤ系の医師で、数学者のアンドレ・ヴェイユは兄。
リセ時代、哲学者エミール・シャルティエ アランの教えを受け、若くしてパリの女子高等師範学校 (フランス) 高等師範学校に入学、哲学のアグレガシオン(1級教員資格)を優秀な成績で取得する。卒業後、1931年にはリセの教員となるが、その間、労働階級の境遇を分かち合おうと工場や農場で働き、まもなく政治活動に身を投じた。1936年、スペイン内戦に際して、人民戦線派義勇兵に志願。1942年にはアメリカに移住し、その後、ロンドンに移り、シャルル・ド・ゴール ド・ゴールの自由フランス軍にレジスタンスとして参加した。戦争の悲惨さ、残酷さに抗議してハンストを行い、1943年、34歳でその生涯を閉じる。主著は『重力と恩寵』などで、著書はすべて死後出版されたものである。

シモーヌ・ヴェイユの詳細

シモーヌ・ヴェイユ人気商品

重力と恩寵―シモーヌ・ヴェイユ『カイエ』抄 (ちくま学芸…

重力と恩寵―シモーヌ・ヴェイユ『カイエ』抄 (ちくま学芸…

価格:¥ 1,260
オススメ度:
通常24時間以内に発送

自由と社会的抑圧 (岩波文庫)

自由と社会的抑圧 (岩波文庫)

価格:¥ 588
オススメ度:
通常24時間以内に発送

神を待ちのぞむ

神を待ちのぞむ

価格:¥ 3,150
オススメ度:
通常24時間以内に発送


シモーヌ・ヴェイユの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵