ジョン・ロールズとは?

ジョン・ロールズ(John Rawls, 1921年2月21日 - 2002年11月24日)は、20世紀アメリカ合衆国 アメリカを代表する政治思想 政治哲学者、倫理学 道徳哲学者。
1971年に刊行した『正義論』(”A Theory Of Justice”)は大きな反響を呼ぶ。当書は、アイザイア・バーリンらが「政治理論は未だ存在するのか?」(1962年)と吐露するほどに停滞しきっていた当時の政治哲学業界を再興させるのに大きく貢献した。そのため、英語圏における正義論以降の政治哲学(規範政治理論、normative political theory)業界は「ロールズ・インダストリー」(Rawlsian industry)などとしばし呼ばれる。正義論は経済学にも大きな影響を与えており、厚生経済学においてロールズ基準と冠した概念を生み出した。

ジョン・ロールズの詳細

ジョン・ロールズの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵