ハンナ・アレントとは?

ハンナ・アレント(Hannah Arendt, 1906年10月14日 - 1975年12月4日)は、ドイツ出身のアメリカ合衆国の政治哲学者、政治思想家。
ドイツ系ユダヤ人の家庭に生まれ、ハイデルベルク大学ではヤスパースに、マールブルク大学でマルティン・ハイデッガーの下で哲学を学んだ(ハイデッガーとは一時愛人関係にあり、2人の往復書簡は公刊されている)。国家社会主義ドイツ労働者党 ナチスの政権獲得によるユダヤ人迫害を逃れるため1933年にフランスに亡命、第二次世界大戦が始まり1941年にフランスがドイツに降伏すると、アレントはアメリカ合衆国に亡命した。そして1951年に彼女は『全体主義の起源』(”The Origins of Totalitarianism”)を表し、全体主義について分析した。その後も、みずから経験した全体主義およびそれを生み出すにいたった西欧の政治思想を考察した。

ハンナ・アレントの詳細

ハンナ・アレント人気商品

人間の条件 (ちくま学芸文庫)

人間の条件 (ちくま学芸文庫)

価格:¥ 1,575
オススメ度:
通常24時間以内に発送

革命について (ちくま学芸文庫)

革命について (ちくま学芸文庫)

価格:¥ 1,523
オススメ度:
通常24時間以内に発送

責任と判断

責任と判断

価格:¥ 3,990
オススメ度:
通常24時間以内に発送


ハンナ・アレントの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵