カール・ヘンペルとは?

カール・ヘンペル(Carl Gustav Hempel、1905年1月8日 - 1997年11月9日)は、ドイツ生まれの科学哲学者、論理経験主義者。演繹的法則的説明とヘンペルのカラス カラスのパラドックスで知られる。
ヘンペルはゲッティンゲン大学で数学・物理・哲学を学び、同学でダフィット・ヒルベルトと出会い、彼のヒルベルト・プログラムに感銘を受ける。その後ベルリンに居を移し、1929年の科学哲学会議に参加してルドルフ・カルナップと出会う。カルナップの研究に感銘を受けたヘンペルは、ウィーンへと移り住み、ウィーン学団に入る。1934年にベルリン大学から確率論の論文で博士号を得る。同年、後に"Der Typusbegriff im Lichte der neuen Logik"を共著するポール・オッペンハイムの助けで、ナチスの台頭により抑圧的になっていたドイツを離れ、ベルギーへ移住。1937年、アメリカへ移り、カルナップの助手としてシカゴ大学に勤める。次いでニューヨーク市立大学(1939年-1948年)、イェール大学(1948年-1955年)、プリンストン大学(1955年-1964年)で教鞭をとり、その後はプリンストン大学の名誉教授として2年間エルサレムでヘブライ大学で教え(1964年-1966年)、ピッツバーグ大学で1985年まで教鞭をとった。

カール・ヘンペルの詳細

カール・ヘンペルの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵