ハンス・ライヘンバッハとは?

ハンス・ライヘンバッハ(Hans Reichenbach, 1891年9月26日 - 1953年4月9日)は、科学哲学者であり、論理経験主義の代表的主唱者。ハンブルク生まれで、ロサンゼルスにて死去した。
ライヘンバッハはベルリン学派(Berlin Circle)を作ったことと、 論理経験主義(logical empiricism, 論理実証主義と非常に近い立場であるがライヘンバッハ自身は論理経験主義という名前を好んだ)の主張で知られる。
エルンスト・カッシーラー、ダフィット・ヒルベルト、マックス・プランク、マックス・ボルン、アルノルト・ゾンマーフェルトらに物理学、数学、哲学を学び、エアランゲン大学から確率の理論で博士号を取得する。

ハンス・ライヘンバッハの詳細

ハンス・ライヘンバッハ人気商品

科学的認識と帰納的推論―ヒューム、ポパー、ライヘンバッ…

科学的認識と帰納的推論―ヒューム、ポパー、ライヘンバッ…

価格:¥ 4,200
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

科学哲学の形成 (1954年) (現代科学叢書)

科学哲学の形成 (1954年) (現代科学叢書)

価格:在庫切れ
オススメ度:

相対性理論の誕生―コペルニクスからアインシュタインまで …

相対性理論の誕生―コペルニクスからアインシュタインまで …

価格:¥ 735
オススメ度:
通常24時間以内に発送


ハンス・ライヘンバッハの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵