モーリッツ・シュリックとは?

フリードリッヒ・アルベルト・モーリッツ・シュリック(Friedrich Albert Moritz Schlick de_schli.ogg 発音、1882年4月14日 - 1936年6月22日)は、ドイツの哲学者、物理学者にして論理実証主義とウィーン学団の創立者。 若年期と研究 父エルンスト・アルベルト・シュリック、母アグネス・アルントのもと、ベルリンの富裕な家庭に生まれた。ハイデルベルク、ローザンヌ、最終的にはマックス・プランクのもとベルリン大学で物理学を学び、1904年に学位論文「非均質媒質中における光の反射について」(Über die Reflexion des Lichts in einer inhomogenen Schicht) を完成させた。ゲッティンゲンで一年間私講師としてすごしたのち、チューリヒで哲学研究に転向した。1908年には小論「生活の知恵」(Lebensweisheit) を発表した。これは幸福主義、つまり幸福こそが倫理の最高の目的だという理論に関するものである。

モーリッツ・シュリックの詳細

モーリッツ・シュリックの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵