アルフレート・アードラーとは?

『アルフレート・アドラー』より : アルフレート・アドラー(Alfred Adler, 1870年2月7日 - 1937年5月28日)はオーストリア生まれの医師・心理学者。ユダヤ系。
1902年にジークムント・フロイト フロイトに出会い、共に研究をした。国際精神分析学会会長を勤める。
しかしその後、フロイトと袂を分かち、後に個人心理学(アドラー心理学)という分野を創始した。ナチスドイツによるオーストリアの併合、ユダヤ人に対する嫌悪や排斥が高まる時代に、彼はユダヤ人で、猫背で小男で、足が不自由だった。自分自身の生きる支えとして、自己自身に対する価値評価という考えに行き当たった。
そこで、彼は優越感や劣等感といった自尊感情(Self Esteem)という概念をテーマとした。いかにして人が心の平安と安らぎを得られる事が出来るかを探究する心理学を展開。高齢者やメンタルな問題を抱えた人々への支援やケアの場面で注目される概念になりつつある。

アルフレート・アードラーの詳細

アルフレート・アードラーの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵