オットー・ランクとは?

オットー・ランク(Otto Rank”(Otto Rosenfeld)”, 1884年 - 1939年)はオーストリアの精神分析家。医師以外の精神分析家としては初めての人物である。
機械商として働いた。フロイトの著作に出会い精神分析に興味を抱いた。その後フロイト本人に出会い精神分析の道に進んだ。出産外傷説を唱えた。
オットー・ランクは、1884年4月ウイーンにユダヤ系のローゼンフェルト家の末子として生まれた。ランクというのは最初ペンネームとして使われ、1909年3月に正式の名前として採用された(Taft、1958)。
1903年から1905年にかけて 『人間と物事に関する思索』と題されたノートに、書物、劇、音楽批評に加えて、自身の詩作などを書き綴った。ダーウィン、ショーペンハウエル、ドストエフスキー、ニーチェ、イブセンなどを読んだことが、このノートから知られる(Taft、1958)。

オットー・ランクの詳細

オットー・ランク人気商品

英雄誕生の神話

英雄誕生の神話

価格:在庫切れ
オススメ度:

分身 ドッペルゲンガー

分身 ドッペルゲンガー

価格:在庫切れ
オススメ度:

文学作品と伝説における近親相姦モチーフ―文学的創作活動…

文学作品と伝説における近親相姦モチーフ―文学的創作活動…

価格:¥ 8,400
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


オットー・ランクの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵