ヘルマン・フリードリヒ・ヒンリヒスとは?

ヘルマン・フリードリヒ・ヒンリヒス (Hermann Friedrich Wilhelm Hinrichs 1794年4月22日 - 1861年9月17日)は、ドイツの哲学者、ヘーゲル右派の人物として知られている。ハイデルベルクでヘーゲルに師事、ハイデルベルク大学の私講師を経て、ハレ大学教授。主著は、「学問と内的な関係における宗教について」(あるいは単に宗教論)である。師のヘーゲルはこれを絶賛、出版を大きく支持した。また、この著の序文にヘーゲルが感情を原理とする宗教を批判する内容を書き、(これは同僚のフリードリッヒ・シュライエルマッヘルを牽制する意味も大きい)ヘーゲルが汎神論者として攻撃されるきっかけを作った。

ヘルマン・フリードリヒ・ヒンリヒスの詳細

ヘルマン・フリードリヒ・ヒンリヒスの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵