アナクシマンドロスとは?

アナクシマンドロス(Αναξιμανδρος Anaximandros、紀元前609年頃 - 紀元前547年)は、古代ギリシアの哲学者。
ミレトスに住んでいたようで、タレス、アナクシメネスと共にイオニア学派の代表。
自然哲学の時代の人。タレスとともに最初の哲学者とされることが多い。
万物の根源(アルケー)は“無限なもの”(アペイロン(w:en:Apeiron Apeiron))であると説いた。有限なもの(ペレス)はこれより生じ、寒熱をもち、罪によって滅び無限なものに再び帰するとする。
原子論
ディオゲネス・ラエルティオス『ギリシア哲学者列伝(上)』岩波文庫(岩波書店) ISBN 400336631X
古代ギリシアの哲学者 あなくしまんとろす

アナクシマンドロスの詳細

アナクシマンドロス人気商品

知識と時間―古代ギリシアの文化相対主義

知識と時間―古代ギリシアの文化相対主義

価格:¥ 2,730
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


アナクシマンドロスの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵