ピュタゴラスとは?

ピュタゴラス(ピュータゴラース、ピタゴラスとも、Πυθαγόρας (Pythagoras)、紀元前582年 - 紀元前496年) は、ピタゴラスの定理等で知られる、古代ギリシアの数学者、哲学者。プラトンにも大きな影響を与えた。「サモスの賢人」、「クロトンの哲学者」とも呼ばれた。
彼は、物事の根源、即ち「アルケーは数である」と考えた。例えば、男は 2、女は 3、結婚が 6(=2×3) といった具合にである(数秘学の項を参照)。
ピュタゴラス学派、ピュタゴラス教団と呼ばれる独自の哲学学派は、哲学界に於ける様々な定理を見出した。(その殆どは、現在で言う数学のものである。)あの有名なピタゴラスの定理も、実は本人によるものではなく、この学派によるものである。この学派は五芒星をシンボルマークとしていた。

ピュタゴラスの詳細

ピュタゴラス人気商品

フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが…

フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが…

価格:¥ 2,415
オススメ度:
通常24時間以内に発送

善なるもの一なるもの―他一篇 (岩波文庫)

善なるもの一なるもの―他一篇 (岩波文庫)

価格:¥ 525
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

エネアデス(抄) 1 (1) (中公クラシックス W 50)

エネアデス(抄) 1 (1) (中公クラシックス W 50)

価格:¥ 1,628
オススメ度:
通常24時間以内に発送


ピュタゴラスの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵