マルティン・ハイデッガーとは?

マルティン・ハイデッガー (ハイデガー)(Martin Heidegger, 1889年9月26日 - 1976年5月26日)は、ドイツの哲学者。
初め神学を学ぶが、哲学に専攻を変更。
1913年に学位論文『心理学主義の判断論──論理学への批判的・積極的寄与』を提出。1915年に教授資格論文『ドゥンス・スコトゥスの範疇論と意義論』を提出。主査はハインリヒ・リッケルト リッケルト。エドムント・フッサールに現象学を学ぶ。
1922年『アリストテレスの現象学的解釈──解釈学的状況の提示』(パウル・ナトルプ ナトルプ報告)
1927年に未完の主著『存在と時間』で存在論的解釈学により伝統的な形而上学の解体を試みた。
エルンスト・ユンガーの『労働者・支配と形態』の深い影響を受け、国家社会主義ドイツ労働者党 ナチスに入党し、フライブルク大学総長就任演説『ドイツ大学の自己主張』(”Die Selbstbehauptung der deutschen Universitat”)を行なう。

マルティン・ハイデッガーの詳細

マルティン・ハイデッガー人気商品

存在と時間〈上〉 (ちくま学芸文庫)

存在と時間〈上〉 (ちくま学芸文庫)

価格:¥ 1,260
オススメ度:
通常24時間以内に発送

存在と時間〈下〉 (ちくま学芸文庫)

存在と時間〈下〉 (ちくま学芸文庫)

価格:¥ 1,260
オススメ度:
通常24時間以内に発送

ハイデガー入門 (ちくま新書)

ハイデガー入門 (ちくま新書)

価格:¥ 714
オススメ度:
通常24時間以内に発送


マルティン・ハイデッガーの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵