ヴィルヘルム・ディルタイとは?

ヴィルヘルム・ディルタイ(Wilhelm Dilthey 1833年11月19日 - 1911年10月1日)は、今ではヴィースバーデンの一部になるピープリッヒというライン川のそばの小さな町に生まれたドイツの哲学者。
クノー・フィッシャーに師事し、当初ハイデルベルク大学で学ぶ。のちベルリン大学に移り、学生時代の大半をそこで過ごし、哲学、神学を学ぶ。バーゼル大学に職を得て、そこではブルクハルトの同僚だった時期もあった。キール大学、ブレスラウ大学を経て、最後はベルリン大学教授に就任。当時、ゲオルク・ジンメルもベルリン大学に私講師として在籍しており、ディルタイがユダヤ人の彼の教授昇任を妨げたという風説もある。反ユダヤ主義者だったと言われているが、娘のクララは、弟子でユダヤ人のミッシュに嫁いでいる。

ヴィルヘルム・ディルタイの詳細

ヴィルヘルム・ディルタイ人気商品

体験と創作 下    岩波文庫 青 637-5

体験と創作 下  岩波文庫 青 637-5

価格:在庫切れ
オススメ度:

体験と創作 上  岩波文庫 青 637-4

体験と創作 上 岩波文庫 青 637-4

価格:在庫切れ
オススメ度:


ヴィルヘルム・ディルタイの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵