オットー・イェスペルセンとは?

オットー・イェスペルセン(Jens Otto Harry Jespersen, 1860年7月16日 北部ユッラン・ランデルス :da:Randers Randers - 1943年4月30日)は、デンマークの言語学者。専門的な分野は英文法。
国際補助語であるノヴィアルを開発した。
1905年: ”Growth and Structure of the English Language” (ISBN 0226398773)
1909ff: ”A Modern English Grammar” (in seven volumes; the title should be understood as ”A grammar of Modern English”) (ISBN 0064933180)
1922年: ”Language: Its Nature, Development, and Origin” (ISBN 0044000073)
1924年: ”The Philosophy of Grammar” (ISBN 0226398811)
1938年: ”En sprogmands levned”, Copenhagen, Jespersen”s autobiography
1995年: ”A Linguist”s Life”: an English translation of Otto Jespersen”s autobiography ... edited by Arne Juul [et al.]. Odense, 1995. (ISBN 8778381320)

オットー・イェスペルセンの詳細

オットー・イェスペルセンの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵