フェルディナン・ド・ソシュールとは?

フェルディナン・ド・ソシュール(”Ferdinand de Saussure”, 1857年11月26日 - 1913年2月22日)はスイスの言語学者。言語哲学者。「近代言語学の祖」と呼ばれる。また、記号論にも大きな影響を与え、後の構造主義の礎となった。
彼自身の著書ではないが、晩年の1906年から1911年にかけて、計三回ジュネーヴ大学で行われた一般言語学についての講義を、後にその受講生らがまとめた書『一般言語学講義』がある。
1857年11月26日、スイスのジュネーヴに生まれる。一家は16世紀にフランスから移住してきた名家で、物理学・生物学を中心に多くの学者を輩出して来た一家であった。
1870年からギリシャ語を学び、1873年にギムナジウムに入る。1876年にパリ言語学会に入会し、10代にして数々の発表を行って名声を高める。この頃、ライプツィヒに留学する。

フェルディナン・ド・ソシュールの詳細

フェルディナン・ド・ソシュール人気商品

コトバの謎解き ソシュール入門 (光文社新書)

コトバの謎解き ソシュール入門 (光文社新書)

価格:¥ 735
オススメ度:
通常24時間以内に発送

ソシュールと言語学 (講談社現代新書)

ソシュールと言語学 (講談社現代新書)

価格:¥ 756
オススメ度:
通常24時間以内に発送

ソシュール一般言語学講義―コンスタンタンのノート

ソシュール一般言語学講義―コンスタンタンのノート

価格:¥ 3,150
オススメ度:
通常24時間以内に発送


フェルディナン・ド・ソシュールの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵