アルフレッド・ノース・ホワイトヘッドとは?

アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド (Alfred North Whitehead, 1861年2月15日 - 1947年12月30日)は、イギリス人の数学者、哲学者である。論理学、科学哲学、数学、高等教育論、宗教哲学などに功績を残す。ケンブリッジ大学、ロンドン大学、ハーバード大学の各大学において、教鞭をとる。哲学者としての彼の業績は、ハーバード大学に招聘されてからが主体であり、その時既に63歳であった。
ケント州ラムスゲイトで生まれ、ドルセットのシャーボン校で学び、1880年に、ケンブリッジのトリニテイ・カレッジに入学した。最初は学生として後には教師として、1910年までケンブリッジにとどまったが、1911年にロンドン大学に移籍し、1914年には同大学の理工学部(ImperialCollege)の応用数学の教授をつとめた。従って、イギリスにいた時ホワイトヘッドは、数学者・論理学者であり、本人も数学者であると考えていた。1924年には、米国のハーバード大学に招かれ、哲学の教授となった後は、1947年になくなるまで、高齢にもかかわらず、講義と旺盛な著作活動を続けた。哲学をする際は、常に若い人物から刺激を得なくてはならないというモットーから、午前中に講義をし、午後から夕方にかけての時間帯は自宅を開放して、ハーバードの学生との触れ合いの時間にし、哲学以外の話も多くしていたという。

アルフレッド・ノース・ホワイトヘッドの詳細

アルフレッド・ノース・ホワイトヘッドの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵