ウィラード・ヴァン・オーマン・クワインとは?

ウィラード・ヴァン・オーマン・クワイン (Willard van Orman Quine, 1908年6月25日 - 2000年12月25日)は20世紀アメリカを代表する哲学者・論理学者のひとり。ハーバード大学教授を務めた。
分析命題と総合命題と区別や還元主義を拒絶して論理実証主義を批判し、個別の命題が経験によって確証されるのではないとするホーリズムを提唱した。翻訳の不確定性の議論でも有名。
クワインはオハイオ州アクロン (オハイオ州) アクロンで育った。オバーリン大学卒業、ハーバード大学で博士号を取得した。ハーバードではアルフレッド・ノース・ホワイトヘッドに師事して論理学を学んでいる。その後二年間ヨーロッパで過ごし、ルドルフ・カルナップを初めとするウィーン学団のメンバーに影響を受ける。1942年から1946年にかけてはアメリカ海軍の諜報部で働いた。

ウィラード・ヴァン・オーマン・クワインの詳細

ウィラード・ヴァン・オーマン・クワイン人気商品

クワイン―ホーリズムの哲学

クワイン―ホーリズムの哲学

価格:在庫切れ
オススメ度:

集合論とその論理 (1968年)

集合論とその論理 (1968年)

価格:在庫切れ
オススメ度:


ウィラード・ヴァン・オーマン・クワインの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵