ウィーン学団とは?

ウィーン学団(ウィーンがくだん、Wiener Kreis; Vienna Circle)とは、ウィーン大学の哲学教授シュリックを中心とする科学者、哲学者のグループである。論理実証主義を標榜した。
ウィトゲンシュタインの『論理哲学論考』やマッハの科学哲学から影響を受けて、数学者のハンス・ハーン、科学哲学者のモーリッツ・シュリックを中心とした研究サークルが形成された。1929年に組織を整えてウィーン学団を名乗り、活動を広げていった。ルドルフ・カルナップ、オットー・ノイラートと共に、学団の方針を示した「科学的世界像」を発表した。ウィトゲンシュタインはウィーン学団の一部のメンバーと交流はあったが、学団の活動に参加することはなかった。カール・メンガー、ハーバート・ファイグル、ヴィクトル・クラフトなどが学団のメンバーである。

ウィーン学団の詳細

ウィーン学団人気商品

ウィトゲンシュタイン全集 5 (5)

ウィトゲンシュタイン全集 5 (5)

価格:¥ 5,250
オススメ度:
通常4~5日以内に発送

ウィーン学団―論理実証主義の起源

ウィーン学団―論理実証主義の起源

価格:¥ 1,733
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

ポパーとウィトゲンシュタイン―ウィーン学団・論理実証主…

ポパーとウィトゲンシュタイン―ウィーン学団・論理実証主…

価格:¥ 4,725
オススメ度:
通常24時間以内に発送


ウィーン学団の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵