ゴットロープ・フレーゲとは?

ゴットロープ・フレーゲ(Friedrich Ludwig Gottlob Frege, 1848年11月8日 - 1925年7月26日)は、ドイツ人の数学者、論理学者、哲学者である。現代の数理論理学、分析哲学の祖と呼ばれる。
フレーゲはバルト海に面したドイツの港町ヴィスマルの生まれである。彼ははじめイェナ大学で学び、その後ゲッティンゲンに移り1873年に博士号を取得した。その後イェナに戻り、1896年から数学教授。1925年に死去した。
フレーゲはアリストテレス以来の最大の論理学者といわれる。革命的な”Begriffsschrift”(『概念記法』)は1879年に出版され、アリストテレス以来二千年変わらずに続いていた伝統論理学を一掃して論理学の新時代を切り開いた。今日の数学で定着している∀(任意の)や∃(存在する)のような量化はこのフレーゲの仕事に基づいている。

ゴットロープ・フレーゲの詳細

ゴットロープ・フレーゲ人気商品

フレーゲの哲学 (叢書・ウニベルシタス)

フレーゲの哲学 (叢書・ウニベルシタス)

価格:¥ 3,570
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

フッサールとフレーゲ

フッサールとフレーゲ

価格:¥ 3,465
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

フレーゲの論理哲学

フレーゲの論理哲学

価格:¥ 6,510
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


ゴットロープ・フレーゲの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵