ポール・ベナセラフとは?

ポール・ベナセラフ (Paul Benacerraf, 1931年- ) はアメリカの哲学者。現代の数学の哲学を代表する研究者の一人。
1931年、パリのセファルディム スペイン・ポルトガル系ユダヤ人家庭に生まれる。1939年、一家は戦災(ナチズム)を逃れるため、織物貿易商である父が拠点としていたベネズエラのカラカスに移り、ついでニューヨークに移住する。1948年、ベナセラフはプリンストン大学に入学するが、大学生活に馴染めず落第寸前の状態に陥る。9ヶ月間の休学を経て復帰するが、このとき「比較的成績がましだったから」という理由で専攻した哲学の分野で才能を開花させることになる。1953年に学士号を取得後、同大学院に進み、1960年にはヒラリー・パトナムとカール・ヘンペルの指導のもと、博士号を取得。

ポール・ベナセラフの詳細

ポール・ベナセラフの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵