ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとは?

『ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン』より : ルートウィヒ・ウィトゲンシュタイン(墺)(ルードヴィヒ・ウィトゲンシュタイン,ルードヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン(独),ルードヴィッヒ・ヴィッケンシュタイン(英米))(Ludwig Josef Johann Wittgenstein、1889年4月26日 - 1951年4月29日)は、オーストリア・ウィーン出身の哲学者で、言語哲学、分析哲学の創始者。ケンブリッジ大学・トリニティ・カレッジのバートランド・ラッセルのもとで哲学を学ぶが、第一次世界大戦後に発表された初期の著作『論理哲学論考』に哲学の完成を見て哲学の世界から距離を置く。その後小学校教師になるが、生徒を虐待したとされて辞職。トリニティ・カレッジに復学して、再び哲学の世界に身を置くこととなる。やがてケンブリッジ大学の教授に迎えられた彼は、『論考』の哲学が誤りであることに気づき、自らの哲学の再構築に挑むが、結局次の著作となるはずであった『哲学探求』は完成されることなく、癌によりこの世を去る。享年62。生涯独身であった。

ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインの詳細

ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵