ラルフ・ウォルドー・エマーソンとは?

『ラルフ・ワルド・エマーソン』より : ラルフ・ワルド・エマーソン(Ralph Waldo Emerson、1803年5月25日 - 1882年4月27日)は、アメリカ合衆国の思想家、哲学者、作家、詩人、随筆家 エッセイスト。
ラルフ・ウォルド・エマーソン、ラルフ・ウォルドー・エマーソン、ラルフ・ワルド・エマソン、とも呼ばれる。
英語では、エマーソンのエにアクセントがあり、エマソンに近くなる。
アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンに生まれる。
18歳でハーバード大学を卒業し21歳までボストンで教鞭をとる。
その後ハーバード神学校に入学し、伝道資格を取得し、牧師になる。
デイヴィッド・シェンク著『だんだん記憶が消えていく──アルツハイマー病:幼児への回帰』(光文社)によれば、エマーソンの晩年はアルツハイマー病に伴う重度の記憶障害に陥り、往時の知性はすっかり失われてしまっていたという。

ラルフ・ウォルドー・エマーソンの詳細

ラルフ・ウォルドー・エマーソンの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵