アルフレート・ローゼンベルクとは?

アルフレート・ローゼンベルク(Alfred Rosenberg、1893年1月12日 - 1946年10月16日)は、ナチス・ドイツの政治家。バルト・ドイツ人。
ロシア帝国領であったエストニアのレヴァル(現タリン)に、ドイツ人の靴職人の子として生まれた。モスクワで建築家になるための勉強をしていたが、ロシア革命を避けてドイツに亡命した。1918年にナチスに入党。トゥーレ協会の早くからの結社員であり、ディートリヒ・エッカートの友人としてヒトラーの側近になっていた。一方、彼が建築家としての修業をしていたという経歴が、ヒトラーに感銘を与えていたらしい。1921年、ナチスの機関誌『フェルキッシャー・ベオバハター』(”Völkischer Beobachter”、「民族の観察者」の意)の編集責任者となる。1923年11月8日に実行されたミュンヘン一揆を最初に計画し、その翌日の失敗に至るまでヒトラーと行動をともにしている。ヒトラーが刑務所に入っていたときには政治運動の采配を一時任され、党の代理総裁であった。1924年にドイツ民族自由党と選挙での協力関係を結ぶことに同意し、5月の国会選挙では意外にも200万近い票を集めた。ところが、決断力がなくインテリ型のローゼンベルクは、党員のいがみ合いを制止することができず、民族自由党との合同を維持することもできずに国会でのナチスの議席を減らし、ヒトラーのはっきりした支持も得られなかったために代理総裁を途中で投げ出している。

アルフレート・ローゼンベルクの詳細

アルフレート・ローゼンベルクの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵