列子とは?

『列子』(れっし)は、春秋戦国時代の人列御寇(「列子」とも呼称される。紀元前400年ごろの人とされるが、実在を疑う論者も多い)の著書とされる老荘思想 道家の文献。別名を『冲虚至徳真経』とも言う。
『天瑞』、『黄帝』、『周穆王』、『仲尼』、『湯問』、『力命』、『楊朱』、『説符』の8巻からなり、多くの寓言により、道家的思想を伝える。
古来より、『荘子 (書物) 荘子』等の内容を引くなど、単独の著者により記述したものでは無いと見られており、魏晋代以降に成立した偽書であるとの説も根強い。
wikt:杞憂 杞憂
wikt:朝三暮四 朝三暮四
wikt:愚公山を移す 愚公山を移す
wikt:疑心暗鬼 疑心暗鬼

列子の詳細

列子人気商品

マンガ 史記・列子の思想 (講談社プラスアルファ文庫)

マンガ 史記・列子の思想 (講談社プラスアルファ文庫)

価格:¥ 735
オススメ度:
通常24時間以内に発送

老子・列子 (中国の思想)

老子・列子 (中国の思想)

価格:¥ 2,345
オススメ度:
通常24時間以内に発送

列子〈2〉 (東洋文庫)

列子〈2〉 (東洋文庫)

価格:¥ 2,940
オススメ度:
通常24時間以内に発送


列子の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵