ダーフィト・シュトラウスとは?

ダーフィト・フリードリヒ・シュトラウス(David Friedrich Strauß, 1807年1月27日 - 1874年2月8日)は、ドイツの神学者・哲学者。一般には青年ヘーゲル派(ヘーゲル左派)の代表的な人物として知られている。汎神論的な見地から、聖書批判を試みた主著「イエスの生涯」は、当時の神学者を震撼させたほか、ヘーゲル学派の分裂や現代の神学のあり方等多方面に影響を与えた。
シュトゥットガルト近郊に生誕。小さい頃から、神学に親しむ。テュービンゲン大学に進学するも、ここの大学の哲学の教授にひかれることがなかったが、フリードリッヒ・シュライエルマッヘルの哲学に親しんだ。1830年には聖職者のアシスタントになり、ついでマウルブロンの中等教育機関でヘブライ語とラテン語・歴史の教職の資格を得る。翌年には、シュライエルマッヘルとゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル ヘーゲル哲学を聞くために、ベルリンへ。しかし、シュトラウスの到着と同じ時期にヘーゲルが死去したため、シュライエルマッハの哲学を聴講することとなる。シュラエルマッハの姿勢が後の「イエスの生涯」にも反映されることとなる。1832年には補助教師として大学の教壇に立つことのでき、哲学教師として成功を収めた。そして若干27歳にして、センセーションを起こした大著「イエスの生涯」を著す。神学者などの批評の中には、これはいわばイスカリオテのユダ ユダの裏切りのような、我々にとって一番有害な本だとという酷評もあったように、シュトラウスはこの著でキリスト教的な歴史主義を批判し、ヘーゲルの歴史哲学を発展させ、福音書の中における奇跡を否定し、これを「神話」として捉えてその史実性を否定し、また神人キリストをイエスという個人よってではなく、人類全体によって実現することによって、真のキリスト教のあり方を理解できると説いた。その後、この著に対する批判を応えるためにいくつかの答弁書を出し、神学者たちの不満を一応は抑えた。そして、2年後に「キリスト教の教説」を記した後、20年間神学の論壇からは離れる。生涯において「イエスの生涯」に対する批判のため、大学の教職に就くことはできず、著述家として過ごすに留まった。

ダーフィト・シュトラウスの詳細

ダーフィト・シュトラウスの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵