ハインリッヒ・ハイネとは?

ハインリッヒ・ハイネ(Christian Johann Heinrich Heine, フランス語の発音はアンリ・エーヌ1797年12月13日 -1856年2月17日)は、ドイツの著名な詩人、作家、ジャーナリスト。
文学思潮の流れの中ではロマン主義に属し、また同時にそれを乗り越えたともいわれている。日常的な言葉で文学を語り、創作し、文芸記事を新聞、雑誌に寄稿、紀行も残している(『ハルツ紀行』など)。ドイツの作家、詩人の中で多国語に最も多く翻訳された人ともいわれている。
ドイツでは各地の多くの通りに彼の名がつけられ、またデュッセルドルフのハインリヒ=ハイネ大学は、彼の名にちなんで命名された。
なお、ハイネは『書物を焼く国は、やがてその国民も焼くであろう』と述べていたが、ナチス政権時代にはハイネの作品が実際に燃やされた。

ハインリッヒ・ハイネの詳細

ハインリッヒ・ハイネ人気商品

史上最大のコンサート(カーネギー・ホール85周年演奏会)

史上最大のコンサート(カーネギー・ホール85周年演奏会)

価格:¥ 2,693
オススメ度:
通常24時間以内に発送

流刑の神々,精霊物語 (岩波文庫 赤 418-6)

流刑の神々,精霊物語 (岩波文庫 赤 418-6)

価格:¥ 588
オススメ度:
通常24時間以内に発送

ハイネ新詩集 (1950年) (岩波文庫)

ハイネ新詩集 (1950年) (岩波文庫)

価格:在庫切れ
オススメ度:

ハルツ紀行 (1949年)

ハルツ紀行 (1949年)

価格:在庫切れ
オススメ度:


ハインリッヒ・ハイネの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵