フェルディナント・ラッサールとは?

フェルディナント・ラッサール (Ferdinand Lassalle 1825年4月11日 ブレースラウ - 1864年8月31日)は、ドイツの政治学者、社会主義者。ユダヤ系。
姓はもとラサル Lassal で、ロースラウアー Loslauer(ロースラウ = シレジアのヴォジスワフ・シロンスキの出身者)から派生したものである。
若い頃にベルリン大学で学び、ヘーゲル左派の人物となる。そこで、マルクスと知り合い、社会主義者の道へ。1848年の1848年革命 3月革命にも参加。1862年に「労働者綱領」を著し、当時の資本主義国家を批判し、いわゆる「夜警国家論」を説いたことは、有名である。1863年には、全ドイツ労働者協会を創設。後にこの組織はマルクス派のドイツ労働者連盟と合併し、ドイツ社会民主党に発展した。また、労働者の貧窮の原因を追究し、生産組合と普通選挙による国家社会主義の実現を主張した。ただ、財政的にも恵まれていた全ドイツ労働者協会の会長任期中、女性をめぐる決闘で39歳で死去した。

フェルディナント・ラッサールの詳細

フェルディナント・ラッサール人気商品

ある革命家の華麗な生涯―フェルディナント・ラッサール (1972年) ある革命家の華麗な生涯―フェルディナント・ラッサール (1972年)
価格:在庫切れ
オススメ度:
発売日:

フェルディナント・ラッサールの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵