ブルーノ・バウアーとは?

バウアーは、ザクセンで陶磁器の彩色職人の長男として生まれた。彼は、聖職者として身を立てるように嘱望され、ベルリン大学へ進学。当時、ドイツ中でブームを巻き起こしていた大哲学者ヘーゲルの講義を聞く。若干20歳にしてカントの美学論に関する論文を執筆。ヘーゲルに絶賛される。ヘーゲルが1831年に死去したが、1834年には学位取得と同時に、神学部で講師として教壇に立つ。この頃は、「忠実なヘーゲル学徒(つまりヘーゲル右派)」としてて、ヘーゲル哲学について講じたり、マールハイネッケらとともにヘーゲルの宗教哲学の編纂に従事したりしていた。
1839年にはボン大学へ移籍。私講師として講義したほか、1842年には「共観福音史家とヨハネの福音史批判」を発表。この頃からヘーゲル右派から決別、ヘーゲル左派へと立場を変える。この書の内容は、同じヘーゲル左派ダーウィト・シュトラウス「イエスの生涯」(1835年)の福音書を「神話」であるとする立場をさらに進め、キリスト教の福音書の内容を福音記者 共観福音史家(つまりマタイ・マルコ (福音記者) マルコ・ルカ (福音記者) ルカ)による自己意識(あるいはヘーゲルでいう「主体的精神」)による「創作」であるとした。つまり、バウアーはシュトラウスの立場より、キリスト教をさらに人間主体の産物であると主張したとえる。この超越的な神の否定と、人間主義的な立場による著作が原因でバウアーは大学を追われる。

ブルーノ・バウアーの詳細

ブルーノ・バウアー人気商品

ヘーゲルを裁く最後の審判ラッパ ヘーゲルを裁く最後の審判ラッパ
価格:¥ 5,250
オススメ度:
発売日:通常3~5週間以内に発送

ブルーノ・バウアーの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵