モーゼス・ヘスとは?

モーゼス・ヘス(Moses Hess, 1812年 ボン - 1875年 パリ)は、ドイツのユダヤ系社会主義者。哲学者。カール・マルクス、フリードリヒ・エンゲルス エンゲルス、フェルディナント・ラッサール ラッサールとともに、ドイツにおける社会主義の祖とされている。
ヘーゲル左派の哲学から始まり、のちにライン新聞の創刊に加わる。このころヘスは、汎神論的な階級なき社会をといた。しかし、マルクスやエンゲルスの批判を受けて、唯物論へと転じ階級闘争による資本主義の矛盾の追及を模索していくこととなる。また、人間のすべての価値体系が貨幣に置き換えられ貨幣の多少でしか快楽を味わえなくなる人間社会の到来を感じ、貨幣廃止論を唱えたことも有名である。1864年にはマルクスらとともに第1インターナショナルにも参加。

モーゼス・ヘスの詳細

モーゼス・ヘス人気商品

モーゼス・ヘスと初期マルクス (1972年)

モーゼス・ヘスと初期マルクス (1972年)

価格:在庫切れ
オススメ度:

モーゼス・ヘスと観念弁証法の諸問題

モーゼス・ヘスと観念弁証法の諸問題

価格:¥ 525
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


モーゼス・ヘスの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵