ルートヴィヒ・フォイエルバッハとは?

『ルートヴィヒ・アンドレアス・フォイエルバッハ』より : ルートヴィヒ・アンドレアス・フォイエルバッハ(Ludwig Andreas Feuerbach, 1804年7月28日 バイエルン州ランツフート w:Landshut Landshut - 1872年9月13日 ニュルンベルク)は、ドイツの哲学者。青年ヘーゲル派の代表的な存在である。著名な刑法学者のアンゼルム・フォイエルバッハの四男である。
ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル ヘーゲル哲学から出発し、のちに決別。唯物論的な立場から、特に当時のキリスト教に対して激しい批判を行った。また現世的な幸福を説くその思想は、カール・マルクス・フリードリヒ・エンゲルスらに多大な影響を与えた。マルクス的観点から見た哲学史では、ヘーゲルとマルクスの橋渡しをした人物としてその名を見ることができるが、近年のフォイエルバッハ研究では、マルクスには解消されないフォイエルバッハ独自の可能性が指摘されている。

ルートヴィヒ・フォイエルバッハの詳細

ルートヴィヒ・フォイエルバッハ人気商品

フォイエルバッハ―自然・他者・歴史

フォイエルバッハ―自然・他者・歴史

価格:¥ 2,940
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

唯心論と唯物論

唯心論と唯物論

価格:在庫切れ
オススメ度:

フォイエルバッハ論 (科学的社会主義の古典選書)

フォイエルバッハ論 (科学的社会主義の古典選書)

価格:¥ 1,260
オススメ度:
通常24時間以内に発送


ルートヴィヒ・フォイエルバッハの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵